ブランクからの病棟勤務〜新卒同様に教育してくれる病院を選ぼう〜

もう一度看護師として頑張ってみようと復帰をする場合に気になるのが、やっぱりブランクがあいているということ。特にその中でも病棟への復帰は大変なものです。昔と今では明らかに看護の設備も変わっているはずですし、実際に看護師だった経験があるとはいえ、まるで新人のような自分に復帰してから驚く人も少なくありません。忙しく動き回る周りのペースに圧倒されてしまうでしょう。

 

基本的に、経験者であっても今の現場では新人であることを自覚しましょう。そして、何かわからないことがあれば相手が年下であるかに関わらず、聞いて覚える。看護の基礎知識はありますし、現場での実績だってあるのです。自信を持つと同時に、学ぶ気持ちも忘れてはなりませんね。

 

病院側も、経験者ではなく新人と同じように教育をしてくれる病院を選ぶようにしてください。みっちりと教育されるほうが、早くその病棟のやり方に慣れることができます。中には経験者だからといって何も指導をしてくれないところもありますが、そういったところでは自分自身が全く成長できないままになってしまいます。看護の現場ではお互いのコミュニケーションは必須です。患者さんの状態を伝えあったりもしなくてはなりませんので、病棟勤務は慣れるまでが大変です。

 

ブランクがあっての復職なので、まずは自分が新人だという自覚をして、新人と同等に扱って教育してくれる病院を探す、これが長くブランクをあけてしまった人に理想的な環境です。