長期ブランクから病棟勤務への復職を考えている看護師へ

国家資格の看護師は、取得すると一生看護師として働くことができます。看護師、特に病棟勤務は結婚や出産をすると働きにくい環境となってしまうため、大抵の人が自然と退職をする道を選んでいます。しかし現在は看護師不足。資格を持っていても働いていない人が多くいる時代なのです。それぞれが持っている資格を活かせば、人手不足も解消するはずです。

 

出産や子育てが一段落し、資格を活かしてもう一度復帰を考える方もいるでしょう。しかし、ブランクが空いているほどに、なかなか勇気がいるものです。長期ブランク明けの復職を考えている場合は、最初は結構きついものであることを覚悟したほうがいいでしょう。そこで頑張れれば、復職成功に近づきます。仕事も次第に覚えられますし、自分の中で何か軌道に乗った実感が沸いてくるはずです。

 

昔と今では、かなり医療現場も変わっています。医療現場はどんどんと新しく変わっていかなくてはいけない場所なので、昔と同じという部分は滅多にありません。そのため、自分が知らないことが出てきた場合は、他の人に聞くしかないでしょう。それがたとえ年下でも、今実際に働いている人に聞かなくてはいけないのです。年下に聞くことに抵抗を感じるかもしれませんが、それが当然と思えば苦ではなくなります。

 

また、復職をする看護師向けにセミナーや講習などを行っていることもあります。そういったものには積極的に参加して、これからもう一度仕事を頑張っていくための心構えなどを身につけて、病棟での勤務を充実したものにしていきましょう。

ブランクからの病棟勤務〜求人・復職先の探し方〜

一度看護師を退職してからもう一度復職をしたい場合、そしてそれが病棟ともなれば、看護師としての本格復帰といえるでしょう。ただ、ブランクからの復帰にはいいことばかりではありません。安易に復帰を決めて、とりあえず採用してもらえるところを……と復帰先をしっかりと見極めないままで入社してしまうと、後で大変なことになります。またすぐに辞めなくてはいけなくなるなどという事態を防ぐためにも、復職にあたって職場はしっかりと調べて見極めましょう。

 

まず新たな勤務先を探すときに大事なのは自分の希望。昔はどんな風に働いてきて、どこが不満でどこがよかったのかなども、一度考えてみると自分の働きたい条件が明確になるかもしれません。それにプラスして、今現在働きたいと思える場所はどこかも考えます。結婚や出産を機に退職した方は、きっと独身時代とは働きたい場所が変わってきているのではないでしょうか?

 

最近では、ナース専門転職サイトも充実していますので、一度求人紹介会社などで募集している病院を探してみてください。そういった求人・転職支援サービスを利用すると、より効率よく看護師の仕事が探せるはずです。専門職としては、そういった専門のサイトがあると助かりますね。希望に合った職場が見つかれば長続きもしやすいでしょうし、年齢的なことも考えて働きやすい職場を探すように努力してください。単なる転職とはまた違う看護師としての復職。自分らしく復帰できる場所を探せるといいですね。